コストの分岐点

ホーム  >  貿易実務代行  >  コストの分岐点 : 貿易業務に従事する担当者(会社組織)の特徴
コストの分岐点

貿易業務に従事する担当者(会社組織)の特徴

  1. 1.プロパー(社員) ⇒コストアップ、責任、リスクが多く発生
  2. 2.派遣社員 ⇒コストアップ、安定した労働力確保が難しい
  3. 3.アウトソーシング ⇒信頼関係不構築による不安

このようにどれをとっても様々な諸問題を包含していますが
1.2.の様に会社が求めるスキルとの不一致やコストUPが何故このような問題が生じてしまうのでしょうか?

■コストアップ
複数の業務を掛け持ち)⇒不効率⇒コストアップ
■派遣採用の求める経験の不一致問題
  • ・手軽にマンパワーの確保が可能
  • ・派遣会社の担当がその業界の不精通
  • ・業務と雇用が別管理⇒従事者の意識の低下
ここでみて分かる様に2.の派遣社員の採用には良いところがありません。
貿易実務の最適な手段
  1. 1・コスト、効率性、専門性⇒外部委託
  2. 2.情報の漏えいは避けたい⇒プロパー(社員)の雇用

よって我々、貿易のColorでは派遣市場(貿易業務のみ)の切り崩し、開拓を行ってまいります。 貿易業務を派遣社員採用で解決しようとお考えの貴社様!是非とも貿易のColorをご検討下さい。

̂A₢킹͂